���_��

大祓(大祓式)は年に2度(6月30日と12月31日)あり、日々生活していく間に知らず知らずの内に身についてしまった穢れや罪を人形に移して御祓いし、清き明き直き正しき心に立ち返り新たな気持ちで残りの半年をより良く生活して行くための神事です。

6月30日に執り行われる大祓は『夏越しの大祓式』と称され、茅輪(ちのわ)神事と呼ばれる神事が執り行われます。

茅輪神事は『釈日本紀』の中の「備後国風土記逸聞」の中に書かれている蘇民将来・巨旦将来と言う兄弟の故事が元になっています。

元来茅の輪は腰に身につける程度の小さな物でしたが、時代が下るに連れて人が通れる程の大きな物が作られる様になっていき、また罪や穢れを祓う大祓式と習合して今日まで至り、現在数多くの神社で執り行われています。

半年の節目に茅輪を通り、人形に罪や穢れを吹きかけて心を清浄に保ち、災いから身を守るというとても大切なお祭りです。

名称未設定 1

 

当社では、毎年6月30日に行われる夏越の大祓を祈祷申込みを社殿前において承っております。